不妊治療を受けやすい休暇制度等環境整備事業
不妊治療と仕事との両立支援担当者等向け研修会
不妊治療と仕事との両立支援シンポジウム

不妊治療を受けながら働き続けられる職場づくりをすすめましょう

さまざまな企業で、社員が不妊治療を受けながら働き続けられる職場づくりに取り組む動きが広がっています。そうした職場づくりをすることによって、離職の防止や、社員の安心感やモチベーションの向上、新たな人材を引き付けることなどにつながり、企業にとっても大きなメリットがあると考えられます

企業が不妊治療のために利用できる休暇制度や両立支援制度を整備し、社員の事情に応じてサポートする姿勢を示すことは、本人にとっても、その企業で働くモラールアップにつながり、それに伴う生産性の向上が期待できます

このため、不妊治療を受けながら働き続けられる職場づくりが望まれます。不妊治療と仕事との両立支援には、決められたやり方はありません。不妊治療は、一定の年齢層の女性のみに関わることでは決してなく、男性も女性も、また年齢に関わらず治療に取り組みたいという人がいます。そうした人にとって、必要な制度、環境の整備、社内風土作りを行うことが、企業には求められています

お知らせ

2022.9.12
不妊治療と仕事との両立支援担当者等向け研修会 掲載

不妊治療と仕事との両立支援担当者等向け研修会

(2022年9月12日~掲載)

不妊治療を受けやすい休暇制度・両立支援制度をこれから導入したい企業や制度はあるがより一層利用しやすい制度にしようと検討している企業等の人事労務担当の方向けの研修会です。

『不妊治療と仕事との両立についての現状(国の施策)等』

~行政から~

厚生労働省 雇用環境・均等局 雇用機会均等課長 石津 克己

『仕事と不妊治療の両立支援の現状  -就労者の不妊治療とその支援・環境づくりの重要性-』

~医師から~

公益社団法人日本産婦人科医会 帝京大学ちば総合医療センター 教授 五十嵐 敏雄 氏

『労働者の不妊治療と仕事との両立に向けて』

~社会保険労務士から~

福島通子社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士 福島 通子 氏

『不妊治療と仕事との両立のために企業に望まれること』

~不妊治療と仕事との両立支援者から~

特定非営利活動法人FORECIA(フォレシア) 代表理事 佐藤 高輝 氏

視聴申込ページへ進む

不妊治療と仕事との両立のために

不妊治療を受けながら働き続けられる職場づくりのためのマニュアル(事業主向け)

企業向けの制度導入マニュアルです。

不妊治療と仕事との両立サポートハンドブック(本人、職場の上司、同僚向け)

労働者向けに、不妊治療の内容や職場での配慮のポイントを紹介しています。